SUZAKU-Vは、FPGAに高性能で実績の高いVirtex-4 FX/Virtex-II Proを搭載し、CPUコアとしてハードプロセッサのPowerPC405を採用しているCPUボードです。LinuxによるOS環境を提供しています。

Linux対応

標準OSにLinux(kernel 2.6)(*1)を採用しており、豊富なソフトウェア資産と実績のある安定性を提供します。

自由自在に拡張

XilinxのVirtex-4 FX/Virtex-II Proを採用し、CPUコアの他、様々な周辺回路をFPGA内部に実現できます。86本の拡張I/Oピン(*2)により、小型ながらボード外部への拡張も容易に行なえます。

ネットワーク対応

LAN I/F(10BASE-T/100BASE-TX)とLinuxのTCP/IPプロトコルスタックを組合せ、容易にネットワーク対応機器の開発を実現します。

幅広い応用範囲

FPGAやプロセッサの性能評価から、量産製品への組み込みまで、ネットワーク対応システムへの最適なプラットフォームです。

複数モデル

FPGAの種類、DRAM容量の違いにより、以下の2種類のモデルを用意しています。

SZ410-U00

  • Virtex-4 FX (XC4VFX12-SF363)
  • FLASH: 8MB(SPI)
  • DRAM: 32MB x 2 (DDR2)

SZ310-U00

  • Virtex-II Pro (XC2VP4-FG256)
  • FLASH: 8MB
  • DRAM: 32MB
*1) SZ310-U00 の場合、Linux Kernel 2.4に対応しています。
*2) SZ310-U00 の場合、拡張I/Oピンは 70本です。

応用例

価格

SUZAKU-V本体

  • SZ410-U00: ¥42,000(税別)
  • SZ310-U00: ¥42,000(税別)

※3.3V電源、シリアルクロスケーブルは付属されておりませんのでご注意下さい。

SUZAKU-Vスターターキット

  • SZ410-SIL: ¥50,000(税別)

〔同梱内容〕

  • SUZAKU-V本体(SZ410-U00)
  • LED/SWボード(SIL00-U01)
  • 開発用DVD-ROM
  • ACアダプタ(5V)
  • D-Sub9/10pinシリアル変換ケーブル
  • シリアルクロスケーブル
  • ねじ・スペーサー類

〔DVD-ROM内容〕

  • ソフトウェアクロス開発環境
  • Xilinx FPGAプロジェクトファイル
  • Linuxソースコード一式
  • 各種マニュアル