A/Dボードは、A/Dコンバータ(12bit, 150Ksps)を8チップ搭載したボードです。SUZAKUとの組み合わせにより、簡単にネットワーク計測器が開発できます。

SUZAKUと簡単接続

SUZAKU-S, SUZAKU-Vと同じ基板サイズで設計されており、簡単にコネクタ接続して使用することが出来ます。

FPGA IPコア、デバイスドライバ、アプリケーション公開

A/Dボードを使うためのサンプルとして、FPGA IPコアやLinuxデバイスドライバ、アプリケーション(各種マニュアル付き)を用意しています。これらは、SUZAKUと組み合わせてすぐに使ってみることが出来ます。
FPGA サンプルIPコア、Linuxデバイスドライバ、サンプルアプリケーションは全て公開されており、これらを参考にカスタマイズして、新たな機能を追加することが出来ます。
また、A/Dボードは量産をしており、そのままシステムに組込むことも可能です。

回路図、部品表公開

回路図、部品表を公開しています。
電源部や、各デバイスとのインターフェースなど、新たなオリジナル拡張ボードを開発する際にご利用ください。

分解能16bit 入力数16チャンネル(受注生産)

受注生産で、分解能16bitタイプ、入力数16チャンネルタイプの製造も可能です。

価格

SUZAKU A/Dボード

  • SID00-U00: ¥18,000(税別)